国道134号線

農道を抜け、海沿いを走りふと停めたところで海を眺める。
途中で無人販売の野菜を買い、リュックに詰めてまたトコトコ走る。
都心に向かう道はいつも後ろからつつかれる様でとにかく忙しない。
けど、地元の道は少し行けばのんびり走れる道がたくさんある。週末はツーリングに来ているライダーともよくすれ違いたまに挨拶(ヤエーって言うんだとか)をする。
バイクに乗る人がツーリングをする意味がようやく分かった。特別なことは何もいらない。ただ自分のペースで気ままに走れればそれでいい。
今日もリュックの傍からはみ出た大根の葉を風になびかせながら国道134号線を走る。