アニマルQ 9月号

7/30発売 家庭画報9月号
野村獣医科Vセンター院長、野村潤一郎先生のエッセイ『アニマルQ』第11回挿絵を描きました。もともと動物は好きだったけど、このお仕事を通してさらに動物が好きになりました。
そして連載も2年目に突入です。
人と動物の共存を様々な形でご提案できたらなと思っています

財布は踊る 最終回

原田ひ香さんの小説はデビュー作から好きでほぼ全作読んでおり、大好きな作家の連載扉絵の依頼を頂戴したときは嬉しくて原田さんご本人にメールまでしてしまいました。
1年間読者としてもイラストレーターとしても大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。いつかは終わってしまうのは当然分かっていたけれどやっぱり少し寂しいですね。
また原田さんのお仕事を出来る日が訪れますように。
1年間ありがとうございました。