現在と過去が合わさった

娘がいつか行ってみたいと言っていたキースヘリング美術館へ。キースヘリングと言えば、中学生の頃友だち内でも流行り、真似して絵も描いたし、小銭入れも友だちとお揃いで買い愛用していた。
娘は今を見て、僕は当時を見る。とても有意義な時間を過ごした。

一日一絵

コンビニに買い物へ行く際に残したメモがきっかけで一日一枚好きなように描いている。
特に決まりを設けずその日に起きたことや思ったこと、感じたことなど記録している。それも気がついたら50枚になっていて、よく続いているなと思う。たぶん思いのままに描いているから何も苦しい事がないんだろうな。

アニマルQ 9月号

7/30発売 家庭画報9月号
野村獣医科Vセンター院長、野村潤一郎先生のエッセイ『アニマルQ』第11回挿絵を描きました。もともと動物は好きだったけど、このお仕事を通してさらに動物が好きになりました。
そして連載も2年目に突入です。
人と動物の共存を様々な形でご提案できたらなと思っています

財布は踊る 最終回

原田ひ香さんの小説はデビュー作から好きでほぼ全作読んでおり、大好きな作家の連載扉絵の依頼を頂戴したときは嬉しくて原田さんご本人にメールまでしてしまいました。
1年間読者としてもイラストレーターとしても大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。いつかは終わってしまうのは当然分かっていたけれどやっぱり少し寂しいですね。
また原田さんのお仕事を出来る日が訪れますように。
1年間ありがとうございました。

断捨離

久しぶりに机まわりを整理した。
創作物の作業台でもあり、勉強机でもあり、趣味の机でもある。
なるべく目に入るところには物を置かないようにし、とにかくスッキリさせたくて色々な物を処分した。それに伴い机の前にいる時間が増えた。
僕の落ち着く空間